糖質制限

明日の自分のために毎日の食事を根本から見直そう!

更新日:

 

【糖質の多い食事】

①ごはん1杯(糖)、味噌汁(糖)、イモ類の煮物(糖)

※炭水化物や糖ばかりで、タンパク質と脂質が全然ない。

②パン、カフェオレ

※お昼ご飯などでやりがちな楽チンランチ。

 

【糖質の少ない食事】

①ステーキonバター(糖)、野菜(食物繊維)、豆腐(タンパク質)、卵(コレステロール)

②サラダ、サラダチキン、卵

※緑黄色野菜は血糖値があがりやすい(糖高め)のでちょっとだけに。

 

ω3系脂肪酸(長鎖脂肪酸)は積極的に取ろう!

お肉は脂身の少ない赤身がgood!

お肉の脂はω6系なのであまりとらなくて良い。

だけど、、、

お魚のあぶらはたくさんとって良い。

 

なぜなら魚油には

EPADHA等の良質なアブラが含まれている。

特にサバ、イワシ、サンマに多く、

カツオ、ブリ、マグロetcも良い。

 

これらは、抗炎症作用、血液サラサラ、血管強化、

頭がよくなる等の効果がある。

 

ところで、毎日何気なく食べている

ごはん1膳(150g)には約55gの糖質が含まれており、

角砂糖で言うと11個分となる。

米(炭水化物)は意外と糖質が高いので摂らなくてもOK!

その分は、タンパク質や脂質で補う。

 

また、食酢は内臓脂肪を減少させ、血圧を下げる。

毎日大さじ1杯とると

血糖の上昇が緩やかに…。

 

アクリルアミドを減らそう!

アクリルアミドとは、合成樹脂、合成繊維、

接着剤、塗料など、工業用として

劇物に指定されている化学物質。

 

炭水化物を多く含む食品を

120℃以上の高温で加熱することにより、

食品中のアミノ酸の一種であるアスパラギンが

ブドウ糖・果糖などの還元糖と反応して

アクリルアミドになる。

 

≪家庭でできるアクリルアミドを減らす調理法≫

①煮る・蒸す・ゆでるなど水を利用した加熱法

②炒め物や揚げ物は、食材を焦がしすぎない

③炒める時は弱火でよくかき混ぜる。

④炒める食材の一部を蒸し煮に置き換えて

炒める時間を短くする。

 

糖化はカラダのコゲつき!

酸化はカラダのサビつき!

 

炒める時は酸化しにくいオリーブ油で。。。

 

グルテン(小麦)&ガゼイン(乳製品)が良くない理由

腸壁をキズつけるグルテンガゼイン

グルテン(パン・めん)は、食べると、

もっともっと食べたくなるという最悪な作用が…。

 

乳糖の分解が不得意な日本人はとくに

乳糖不耐性なりやすいので、

ガゼインを食べないに越したことはない。

 

リーキーガット症候群の人は、

グルテンフリー・ガゼインフリーをしているが

そうじゃない人もぜひやるべき!!

 

また、水道水は塩素が含まれているので

浄化装置をつけるか、天然水を飲むと良い。

 

ケトン体を使う!

胎児や赤ちゃんのエネルギー源が主にケトン体

アセトン・アセト酢酸・β-ヒドロキシ酪酸

という3つの物質の総称で、

 

人間はブドウ糖が不足すると体の脂肪が燃焼され、

エネルギー源として使われるようになり、

その時に、肝臓でケトン体が作られ血液中に放出される。

 

ケトン体はこれまで、人体を酸化させる

代謝における危険な産物として

わるもの扱いされてきた。でも実は

糖尿病治療にも有効な重要な物質であることが判明!

 

そんなケトン体がここ最近、

ダイエット(ケトジェニック)

頻繁に取り上げられるようになった。

 

分かりやすく言えば、

脂肪を燃やして作り出されるエネルギー源がケトン体。

 

高タンパク・高脂質な食事を取りながら、

極端に糖質を制限し、意図的に

糖新生(タンパク質などから糖質をつくるシステム)

行われるよう仕向けるもの。。。

 

このケトン体をエネルギー源として利用できる!

 

◆たまに軽く断食

◆糖質制限(1日20g)

◆脂質&タンパク質を優先的に多めに摂取

◆中鎖脂肪酸(MCTオイル・ココナッツオイル)をとる

 

 

336A

336B

最近の投稿

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ゆい

私は中学の頃から約8年間、倦怠感に悩まされてきました。 高校卒業後、体中にアトピーが出ました。敏感肌だったので最初はあせもかと思っていましたがどんどんひどくなり夜も痒くて寝れず、日中は仕事があるので我慢していました。小麦粉アレルギーかもと、グルテンフリー(小麦粉を抜くこと)を始めると、そのアトピーは引き始め少し楽になりました。これがきっかけで遅延型アレルギーを調べ始めました。私はリーキーガット症候群と分かりました。サプリメントでだいぶ良くなりましたが今も完治を目指して治療中です。同じような症状で悩んでいる方にと、このブログを始めました。

-糖質制限
-, ,

Copyright© リーキーガット症候群│原因不明のアトピー?それがリーキーガット! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.