ストレス

ストレスと主訴の関わりとは?

更新日:

主訴の原因がストレスである場合が多い。

【ストレスを受けやすいタイプ】

・A型性格

・Active & Aggressive

・エリート基質

・完璧主義

 

行動的で攻撃的・名誉欲・

責任感が強く負けず嫌い。

 

挫折感がなく、負けることに弱い人。

他人に任せられず、何でも自分でしないと

気が済まない人。。。

 

こんなタイプの人が、

視野の狭そうな思いつめた顔や、

とんがった表情を見せ始めると要注意! 👿

 

 

 

生体反応 ≪3つの段落≫

~生体反応の段落~

種類 伝達方法 分子量
自律神経系 電気信号 免疫系(副交感神経)・

貧食系(交感神経)

どちらを使うか決定する

副腎皮質ホルモン ステロイドホルモン 低分子 一時的な免疫抑制

(Tセル・Bセルの死滅)

サイトカイン 細胞から産生するタンパク質 高分子 生体恒常性の制御

・免疫系の調節

・炎症反応の惹起

・抗腫瘍作用

・細胞増殖と分化・抑制

 

検査データとストレス

~白血球(顆粒球とリンパ球)と神経支配~

●顆粒球

60%・・・交感神経の支配を受ける

アドレナリンのレセプターを持つ

70%・・・交感神経亢進

     (ストレス・オーバーワーク)

     肩こり・腰痛・便秘・痔・

     食欲不振・高血圧・歯槽膿漏

●リンパ球

35%・・・副交感神経の支配を受ける

40~45%・・・副交感神経亢進

       (肥満・運動不足)

       アレルギー症状・易疲労・

       過敏性大腸症候群

 

顆粒球低下による活性酸素の低下は

エネルギー不足を起こし、

うつ症状の一因となる。 🙁

 

東北大学の斎藤章教授が始めて主張し、

新潟大学の安保徹教授が

その理論を体系づけた。

 

自律神経の働き

 

 

自律神経を自動車に例えると、

自律神経自動車

交感神経アクセル

副交感神経ブレーキ

という感じ。。。 🙂

 

なぜ、病気になるのでしょう?

 

さまざまな警告

栄養欠損・ストレス・加齢

ホルモンの乱れ・自律神経異常・

免疫低下

ホメオスターシス(生体恒常性)の乱れ

発病

 

ストレッサー

【健康促進因子】

◆基本的・・・食事・運動・睡眠

◆環境的・・・暖房・清潔

◆精神的・・・教育・幸福感

 

【生体】

遺伝子→胎児→小児→成人というように

時間がすすむ。

 

【健康阻害因子】

◆物理的ストレッサー

寒冷・暑熱・気圧・やけど・

放射線・騒音etc

◆生物的ストレッサー

細菌・ウイルス・原虫etc

◆精神的ストレッサー

心理・社会的要因

◆科学的ストレッサー

薬物(アルコールを含む)・

酸素過剰や欠乏・一酸化炭素・

栄養欠損etc

 

 

 

 

ストレス反応

≪緊急反応≫

自律神経と内分泌系を介して

行われる。

 

⑴突然の刺激興奮アドレナリン(副腎皮質

ホルモン)分泌心拍出量増加とグリコーゲン

放出血糖値が上昇

 

⑵興奮下垂体の支持で副腎皮質ホルモンが

分泌肝グリコーゲンが新生(体タンパク異化)

血糖値が上昇

 

⑴⑵のいずれにせよ

血糖値を上昇させる反応が起こる。

 

脳により多くの栄養を補給し、

脳の活動を活発にさせて

緊急事態に対応できる準備をするため

と理解できる。

 

≪半適応症候群≫

ストレスが激しい時は、

下垂体からACTH以外の前葉ホルモンの

分泌は抑制される。

 

●全身適応症候群

警告反応期(ショック期・抗ショック期)

抵抗期消耗期

 

ストレスを受けると血糖は、

ショック期に上がり、一度下がって

抗ショック期に再び上がる。

そして、抵抗期は一定になり

消耗期に下がる。

 

そのとき細胞内水分は、

ショック期から抗ショック期の間で最大となり

抵抗期に一度一定になって

消耗期に上がるため、浮腫が発生する。

 

副腎では

ショック期にアドレナリンが分泌され、

抗ショック期に皮質ホルモンの分泌が

増大する。

 

副腎皮質の束状層で産生され、

副腎皮質ホルモンのひとつである

糖質コルチコイドはストレスに対して、

コルチゾールが分泌され、

抵抗力が増強される。

 

そのため、抵抗期の副腎皮質ホルモン

の分泌はほぼ正常だが、

消耗期に副腎皮質機能が低下する。

 

副腎皮質や血漿中のビタミンCは、

ショック期に減少し、

抗ショック期に増加する。

 

抵抗期になるとビタミンCは

副腎皮質ホルモンの分泌量と並行し、

消耗期に減少する。

 

ストレスで起きる主な症状

●大腸の症状(下痢・便秘など)

●頭痛(緊張型頭痛・偏頭痛)

●高血圧・不整脈・高脂血症・糖尿病

●甲状腺機能亢進症(バセドウ症)

●婦人科(ストレス性無月経・不妊症)

●皮膚疾患(じんましん・円形脱毛症)

●免疫低下

 

自律神経失調症

◆女性特有の自律神経失調

・分娩後、自律神経失調

・月経前症候群

・更年期障害

◆主な自律神経失調症

・神経性頻尿

・過呼吸症候群

・過敏性大腸症候群

 

ストレスの栄養対策

⑴糖質コントロール

●ブドウ糖は脳のエネルギー源

●少なければ頭脳の活動が落ちる

●過多であれば脳の活動も過多になり、

神経過敏や興奮状態になる。また、

インスリンの分泌異常を招くことになる。

●低血糖(うつ状態・神経過敏・多汗・眠気・

易疲労etc)

●単純糖質の制限、

ビタミンB群・カルシウムの摂取

 

⑵タンパク質の重要性

●ストレス下で、基礎代謝の亢進(30~40%)、

異化ホルモンによる体タンパク分解

●タンパク質の増量摂取による抗ストレス効果

を期待(ただし、消化力を考慮する)

 

⑶カルシウム

●脳細胞の興奮抑制

●脳細胞内外のカルシウム濃度の維持

 

⑷ビタミンB群

●神経ビタミンとも言われる

例)糖質の良好な代謝にビタミンB1の摂取、

タンパク質増量時にビタミンB6の摂取。

●副腎皮質組織の回復には、タンパク質

などの摂取

 

336A

336B

最近の投稿

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ゆい

私は中学の頃から約8年間、倦怠感に悩まされてきました。 高校卒業後、体中にアトピーが出ました。敏感肌だったので最初はあせもかと思っていましたがどんどんひどくなり夜も痒くて寝れず、日中は仕事があるので我慢していました。小麦粉アレルギーかもと、グルテンフリー(小麦粉を抜くこと)を始めると、そのアトピーは引き始め少し楽になりました。これがきっかけで遅延型アレルギーを調べ始めました。私はリーキーガット症候群と分かりました。サプリメントでだいぶ良くなりましたが今も完治を目指して治療中です。同じような症状で悩んでいる方にと、このブログを始めました。

-ストレス
-, ,

Copyright© リーキーガット症候群│原因不明のアトピー?それがリーキーガット! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.